経営者保証に関するガイドライン

平成26年2月から適用されている、経営者保証のない融資基準を定めたガイドライン。
経営者保証の弊害を解消し、経営者による思い切った事業展開や、早期事業再生等を応援する目的で公表された。以下の三つが主な内容となるが、法的拘束力はなく、実態として何も取り組んでいない銀行も多く見られる。

(1) 新規融資や借り換えにおいて、法人と個人が明確に分離されていて、財務基盤が強化されており、適時適切に経営情報が開示されている場合に、経営者の個人保証を求めないこと
(2) 既存融資において、多額の個人保証を行っていても、早期に事業再生や廃業を決断した際に一定の生活費等(従来の自由財産99万円に加え、年齢等に応じて100万円~360万円)を残すことや、「華美でない」自宅に住み続けられることなどを検討すること
(3) 保証債務の履行時において、返済しきれない債務残額は原則として免除すること


参照元:
全国銀行協会「経営者保証ガイドライン」
金融庁「『経営者保証に関するガイドライン』の積極的な活用について」
中小企業庁「経営者保証に関するガイドライン」
  政府インターネットテレビ「~中小企業や小規模事業者の方へ~ 経営者保証なしで融資を受けられる可能性があります」

参照:経営者保証

経営者保証解除サポート

少人数私募債発行サポート

会社概要

メンバー

採用情報

よくある質問

ニュース

用語集

個人情報保護方針

反社会的勢力に対する基本方針

その他お問い合わせ

※ご注意(必ずお読み下さい)
当サイトは特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。社債の発行、勧誘は各企業のご判断で行われます。
発行企業の提供する情報は全て各企業の責任で行われるものであり、株式会社Siiiboは、発行企業が当サイトを通じて提供するいかなる情報についてもその正確性を保証するものではありません。
また、少人数私募債は元本及び利金が保証されているものではありません。事業者の財務、経営悪化などにより、一部又は全部の損失が生じる可能性があります。株式会社Siiibo及びその関係者は投資を行った結果に対し、一切の責任を負うものではありません。