少人数私募債

勧誘者を50名未満とすることで私募扱いとし、社債管理者の設定や有価証券報告書の作成不要で発行する社債のこと。次の5つの条件が必要。

1. 法人であること

2. 社債の購入を勧誘する対象者の人数が50名未満であること
 6か月以内に発行した社債のうち利率と償還期限が同じ社債は同一のものとみなされ、同一社債の勧誘者は50名未満という規定がある。

3. 社債総額を1口の金額で割った口数が50未満であること
  社債総額÷1口の金額(最低額)を50未満にする必要がある。

4. 譲渡制限を設けること
  発行後の保有者数も50名未満でないとならないため、一括譲渡以外の譲渡は認めない条項が必要。

5. 発行総額が1億円以上となる場合、告知を行うこと
  ここで言う告知とは、以下の事項
    ・金商法第4条第1項の規定(発行者が当該有価証券の募集又は売出しに関し内閣総理大臣に届け出をする事)による届出が行われていないこと。
    ・当該社債に転売制限が付されていること。

経営者保証解除サポート

少人数私募債発行サポート

会社概要

メンバー

採用情報

よくある質問

ニュース

用語集

個人情報保護方針

反社会的勢力に対する基本方針

その他お問い合わせ

※ご注意(必ずお読み下さい)
当サイトは特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。社債の発行、勧誘は各企業のご判断で行われます。
発行企業の提供する情報は全て各企業の責任で行われるものであり、株式会社Siiiboは、発行企業が当サイトを通じて提供するいかなる情報についてもその正確性を保証するものではありません。
また、少人数私募債は元本及び利金が保証されているものではありません。事業者の財務、経営悪化などにより、一部又は全部の損失が生じる可能性があります。株式会社Siiibo及びその関係者は投資を行った結果に対し、一切の責任を負うものではありません。