"社債"というシンプルな手段で、
自由・透明・公正な直接金融を創造する。

私達Siiibo証券は、私募社債の購入・発行・管理が行えるwebプラットフォームを提供しております。
Siiibo証券創業のきっかけとなったのは、「かつての顧客や知人、友人に自信を持って勧められる”社債”という金融商品を世に広めたい」という強い想いです。

私は修士課程での研究を通じ、直接金融のシステムに加え個別企業の事業活動に強く興味を持ったことから、クレジットトレーディングを新卒時の職として志しました。
学生起業等も経て当時から起業家という道、一生をかけてでも取り組みたい事業を模索する中で、長く間接金融依存が続く国内信用市場には、大きな変革の可能性があると考えておりました。
当時英国や米国にて個人間小口融資の仕組み(P2Pレンディング)が拡大していた他、日本でもソーシャルレンディングという新しい手段が台頭する等のタイミングにありましたが、国内株式や海外債券同様、国内信用市場もいずれ市場型間接金融ではなく直接金融の形で民主化されると考えました。
またこの頃より、その実現手段として「少人数私募」の柔軟性に着目しました。社会人として勤務する傍ら個人的に様々な検証を行いましたが、自己募集ではなくマーケットプレイス機能に真のニーズがあること等が分かり、一時頓挫しました。

クレジットトレーディングデスクに在籍した約3年間には、多岐にわたるクレジット商品の取り扱いを経験することができました。
その中で、社債というシンプルな商品でさえインターバンク水準を大きく下回る低利回りで個人投資家に購入される現状等から、日本社会におけるインカムゲイン型商品への強烈な需要を体感しました。
しかし同時に、事業法人・リテール顧客といった必ずしも金融リテラシーが高くはない方々に、仕組債等複雑な商品を販売し、顧客の損得に関わらず手数料が発生する不透明、不公正なビジネスに強い疑問を覚えました。

その後、BlackRock社が自社開発OMS (Order Management System) の他社提供を通じ、テクノロジーの力で機関投資家の自由性や透明性を高める事業に注力しており、その取り組みに共感したことで転籍いたしました。
この頃から友人や知人から資産運用に関する話を個人的に伺う機会が増えましたが、「投資ではなく本業に注力したい」「取り崩す予定もありリスクを過度に取りたくない」「分かりやすく、何に役立っているか実感したい(チャートを追ってるだけのよく分からない投資は嫌)」等の声が多く、”社債” こそが最も適した商品であるにも関わらず、その投資機会が殆ど無く、力になれないことに強いもどかしさを覚えました。

これらの経験から、この「国内信用市場の未発達」こそが起業家として解決したい問題だと確信しました。
また、ネット証券をはじめ様々な資産運用サービスが順調に預かり資産額を伸ばしており、「貯蓄から投資へ」が国策として推進され、インカムゲイン型商品の需要も一層強まりながら、企業と直接繋がる面白さが認知され始めているこのタイミングこそ、「webで社債が買える」というサービスがまさに求められているとも考え、2019年1月に起業に至りました。

私達は、ミッションに掲げる「自由、透明、公正な直接金融を創造する」未来に向け、走り出したばかりです。まずは投資家の皆様には金融商品として、企業の皆様には資金調達手段として、社債がwebで購入・発行できるサービスをご用意いたしました。
今後も社債の特性や面白さを発信しながら、その柔軟性や透明性、信頼性を活かしてサービスを改善し続けて参ります。
延いては私達のサービスを通じて、社債が限られた方々だけの特別なものではなく、一般的な選択肢の一つとなり、投資や資金調達のお悩みを解決する手段として広くご活用いただける社会を目指して参ります。

Siiibo証券株式会社
代表取締役CEO

Siiiboの仕組み

会社概要

代表ご挨拶

メンバー

ニュース

コラム(note)

解説動画(YouTube)

よくあるご質問

推奨環境

用語集

お問い合わせ

採用情報

個人情報保護方針

サービス利用規約

反社会的勢力への対応に関する基本方針

約款集

倫理コード

勧誘方針

利益相反管理方針

※ご注意(必ずお読み下さい)
当サイトは特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。社債の発行、勧誘は各企業のご判断で行われます。
発行企業の提供する情報は全て各企業の責任で行われるものであり、Siiibo証券株式会社は、発行企業が当サイトを通じて提供するいかなる情報についてもその正確性を保証するものではありません。
また、少人数私募債は元本及び利金が保証されているものではありません。事業者の財務、経営悪化などにより、一部又は全部の損失が生じる可能性があります。Siiibo証券株式会社は投資を行った結果に対し、一切の責任を負うものではありません。

Siiibo証券株式会社 第一種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3230号
加入協会:日本証券業協会