五常・アンド・カンパニー株式会社 第1回6ヶ月定期社債

社債概要

債券の金額一口あたり金額 300万円
満期までの期間1ヶ月未満は切り上げ表示です 3年
利払いの頻度 半年に1回
繰上償還権発行企業による繰上償還の権利 なし
繰上償還請求権お客様による繰上償還を請求する権利 あり 定期社債とは?

資金使途

この度、当社グループの事業拡大に向けた運転資金、グループ会社への貸付、又はグループ会社による金融機関からの借入に係る預金担保等として活用することを目的として、別紙記載の通り、社債(少人数私募債)(以下「本債券」といいます。)の発行を実施する事と致しました。

事業内容

五常・アンド・カンパニー株式会社(以下「五常」)は、5カ国8社のグループ会社を通じ、途上国において事業向け小口金融サービス(マイクロファイナンス)を展開するホールディングカンパニーです。日本法人の主たる事業内容は途上国で金融事業を行うグループ会社への出資・融資及びグループ会社各社に対する経営・テクノロジー・社会的インパクト評価・財務の強化です。

2014年7月の創業以来、国内外の投資家より調達した累計146億円の資金を用いて原則としてグループ会社の過半数持分を取得、取締役や経営陣の派遣によりガバナンス及び内部統制を強化することにより、持続可能な利益成長と金融包摂を中心とした社会的インパクトの最大化を両立します。現在、インド・カンボジア・スリランカ・ミャンマー・タジキスタンに6,500名を超えるグループ従業員を擁し、顧客数は100万人、融資残高は540億円を突破しました(数値はいずれも2021年12月末現在)。

金融包摂と言う観点からは、債務不履行によって顧客の信用履歴を毀損しないことも大切です。顧客の返済力を越えた過剰な貸付を行わないよう、展開地域の金融リテラシーや市場特性に応じて顧客目線に立ったクレジットポリシーを策定し、マイクロファイナンスに係る規制を遵守した審査プロセスを通過した顧客に対して、与信限度額に対して余裕を持った貸付金額、適切な返済頻度を設定する等延滞を発生させないための取組みを行っています。また、営業職員と顧客の信頼関係が貸倒率の抑制に寄与することから、透明性の高い人事制度やトレーニング、インセンティブを提供し離職率を低く抑えることも心掛けています。これらの取り組みにより、新型コロナウイルス感染拡大前は平均貸倒率0.5%以下、30日延滞率2.0%未満を維持していました。

途上国のマイクロファイナンス事業者の多くは、資金調達コストの高さに加え、事業規模の小ささに起因する非効率なオペレーションにより、金融サービスの利便性の低さや借入金利の高さが課題となっています。五常ではグループの規模を活かして資金調達コストを低減し、積極的なテクノロジー投資による生産性向上を通じて、お金が借りられない、安全な貯蓄手段がない、保険に入ることができない、送金サービスが使えないといった課題を解決し、全ての人に金融アクセスを届けることを目指しています。

発行実績

上記の資金使途及び事業内容に関する情報は全て各企業の責任で作成されたものであり、Siiibo証券株式会社がその正確性を保証するものではありません。(上記の資金使途及び事業内容は当社プラットフォームのIR情報に掲載されているものです。)

発行実績一覧に戻る

Siiiboでできること

Siiiboの仕組み

発行実績

会社概要

代表ご挨拶

メンバー

お知らせ

キャンペーン

セミナー

事業紹介(note)

代表コラム(note)

解説動画(YouTube)

ログイン

口座開設

よくあるご質問

推奨環境

用語集

お問合せ

採用情報

電子公告

顧客資産の分別管理に関する保証業務について

個人情報保護方針

サービス利用規約

反社会的勢力への対応に関する基本方針

約款集

倫理コード

勧誘方針

利益相反管理方針

お客様本位の業務運営を実現するための基本方針

マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関する基本方針

※ご注意(必ずお読み下さい)
当サイトは特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。社債の発行、勧誘は各企業のご判断で行われます。
発行企業の提供する情報は全て各企業の責任で行われるものであり、Siiibo証券株式会社は、発行企業が当サイトを通じて提供するいかなる情報についてもその正確性を保証するものではありません。
また、少人数私募債は元本及び利金が保証されているものではありません。事業者の財務、経営悪化などにより、一部又は全部の損失が生じる可能性があります。Siiibo証券株式会社は投資を行った結果に対し、一切の責任を負うものではありません。

Siiibo証券株式会社 第一種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3230号
加入協会:日本証券業協会