【後編】フレキシビリティのある資金調達手段として、今後も社債活用の可能性に期待

公開日:2022年9月20日
目次(表示する)

すべての人に金融アクセスを届けることをミッションとして、途上国で事業向け小口金融サービスを展開されている五常・アンド・カンパニー株式会社
2021年8月にSiiibo証券が運営するプラットフォーム”Siiibo”を活用し、オンラインでの私募による社債発行を実現されました。

CFO堅田様に対する弊社代表小村からのインタビューも今回が最終回。社債発行にあたっての準備体制、そして今後に対する期待値をお伺いしました。

▼前編・中編はこちらから
【前編】五常が世界中でマイクロファイナンスに取り組む意義とは? ローカルでありグローバルである強み

【中編】社債発行はあらゆる方法を模索して見つけたデット調達手段。 だからこそ、透明性高い情報発信を重視

お話をうかがった方:
五常・アンド・カンパニー株式会社 Chief Financial Officer 堅田航平様
五常・アンド・カンパニー 堅田様

大きなお金を預かるからこそ、オペレーションは堅固に

小村: 発行にあたっての具体的な手続きについてお伺いさせてください。弊社サービス上にIRを展開いただいたり、社債発行の取締役会決議を取っていただいたり、一連の流れがあったかと思いますが、進めやすかった点や改善してほしい点があれば教えていただきたいです。

堅田: 初めての取り組みということで、お互い手探りな部分がありましたが、大きな方向性として次に取るべきアクションのガイダンスをクリアにいただき大変助かりました。また、こちらからの質問にも迅速にご回答いただけるなど、社債発行に向けたパートナーとして伴走してくださっている心強さがありました。

今後への期待でいえば、新しい取り組みですので、法務や具体的なオペレーションにおいて、それらをより堅固なものにできるよう、どの側面から突っ込まれてもきちんと説明を担保できるような体制を整えていくことかと思います。今回は初回発行ということで、弊社や弊社の法律顧問からも色々と細かな確認をさせていただきましたが、この基盤の上に今後も追加の発行を検討していきたいと考えています。

小村: 弊社としてもきっちりお互い納得した上で進めたいなというのがありましたので、今回の進め方は非常にありがたかったです。

堅田: 私たちも個人投資家の皆さまの大切なお金を預かりますから、今後上場を目指す企業としてしかるべきプロセスを踏んで前に進める必要がありました。これからSiiibo証券を通して社債を発行される企業に対する先行者としての責任もありますので、例えば募集要項についても、発行企業と投資家の方々の権利・義務について細かく調整させていただく機会をいただけたことは本当にありがたいと思います。

なかなか前例がないことばかりで、助走期間を含めると思ったよりも時間がかかってしまった部分はありますけれども、その分一緒に作りあげている感覚もありました。貴社のチームの方々には、こちらからのリクエストにもタイムリーかつ真摯にご対応いただけたので、途中でめげずに(笑)社債発行を実現することができました。

五常・アンド・カンパニー 堅田様

小村: むしろ我々こそ最初のドタバタにお付き合いいただいて申し訳ないと言いますか、こういった発行企業様とのやりとりでブラッシュアップされていくのは、社内としてもありがたい経験でしたし、社内の者の士気も高まって良いプロジェクトだったなと思います。
それでは、今回実際にやってみて良かった点や、社債自体や弊社に対して今後に期待されている点がありましたら、お話しいただけますか?

堅田: 外部環境の変化や事業の成長ペースに応じてグループ会社各社の資金ニーズは多様かつ刻々と変化しますので、一定の制約はありますが、資金使途のフレキシビリティがあることは、大変ありがたいです。

また、資金調達コストという観点においても、納得感のある水準での調達ができました。今後も特定のチャンネルに依存せず、資金調達手段の多様化を目指す中で、日本の裾野の広い個人投資家層にアプローチし、個人の金融資産をうまく活用させていただけるよう、長期安定的に負債性資金を調達する手段として継続的にお付き合いいただけるとありがたいです。

エクイティと並行したデット調達の手段として、一定割合を私募社債発行でできれば

小村: 今後どれくらいの規模で、弊社の社債全般を活用していきたいというイメージはありますでしょうか? なかなかお答えしづらいかもしれないんですけれども。

堅田: 将来的に、仮にグループ全体のデット調達額の2~3割程度を五常のサポートで実現したいと考えると、日本での借入の転貸や、五常が保証を提供するものを含めて、100億円規模のデット調達を向こう数年の間に日本で実現しなければならないと思っています。その中で一定の割合を私募社債の発行によって実現できるようになると、とてもありがたいなと思っております。

小村: 大変具体的に踏み込んでいただき、ありがとうございます。我々もまだまだ改善点が多いと思いますので、引き続き伴走させていただけたらなと思います。今後ともぜひよろしくお願いいたします。

五常・アンド・カンパニー 堅田様 Siiibo証券小村


堅田様へのインタビューは今回で最終回となります。
わかりやすく誠実にお答えいただき、大変ありがとうございました。
五常・アンド・カンパニー様の最新情報は公式サイトをご覧ください。

※ご注意(必ずお読み下さい)
当サイトは特定の有価証券等の勧誘を目的とするものではありません。社債の発行、勧誘は各企業のご判断で行われます。
発行企業の提供する情報は全て各企業の責任で行われるものであり、Siiibo証券株式会社は、発行企業が当サイトを通じて提供するいかなる情報についてもその正確性を保証するものではありません。
また、少人数私募債は元本及び利金が保証されているものではありません。事業者の財務、経営悪化などにより、一部又は全部の損失が生じる可能性があります。Siiibo証券株式会社は投資を行った結果に対し、一切の責任を負うものではありません。

Siiibo証券株式会社 第一種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3230号
加入協会:日本証券業協会